インテリア

地震に強いRC住宅|耐久性が高いので価値がある

自分の住宅を建てる

インテリア

自由設計でできること

注文住宅を建築する場合には、自由に間取りを決めていくことができるため、どのような住宅を建てたいか自分で考えることが重要です。せっかく自由設計が可能な注文住宅を建てるわけですから、自分の意向を反映させたいものです。その場合に重要なことは、住宅というのは長い期間にわたって住み続けるものですので、住人の成長とともに住宅も成長していく必要があるということです。初めから完成された住宅を建築することは不可能なのです。老朽化してリフォームする場合もありますが、それだけではなく、住んでいる人たちが変わっていくことに合わせて、住宅をリフォームしていく必要があるということなのです。そこを踏まえて設計することが大切です。

ライフスタイルの変化

建売住宅の場合には間取りは決まっていますので、その住宅に合わせて生活していくしかありません。しかし、注文住宅の場合には間取りは自分たちで決めていくことができます。小さな子供がいる間はできるだけ広い空間を活かしたいと考える人が多いですし、子供が成長してくると個人のプライバシーが確保できるように個の空間が重要になってきます。さらに、子供が巣立ってしまうと住人が減りますので、バリアフリー住宅にして移動が楽な住宅にすることも大切です。最終的には介護や二世帯住宅まで視野に入れた間取りにすることも検討しなければなりません。注文住宅を建築する場合には、このようなライフスタイルの変化を予測して、柔軟性のある間取りにすることが大切なのです。